年賀状ソフトはどれも同じようですが、
違いは何なのでしょうか?何を選んだらいいのか・・・
どれも似たようなソフト名ですよね?

例えば、ソースネクスト製品だと様々なソフトがあるので買いやすいとか。
マイル(ポイント)が付くので、他のソフトを買うとポイント割引できますし。

年賀状ソフトランキング

値段や会社(ソースネクスト推し)、アフターケアなど個人的な好みで作成したランキングです。

1位 筆王

ソースネクスト製品ですね。
筆王は1ライセンスで5つのパソコンにインストールできます!
自分専用、家庭用、子供用。まだ2つ余ってます。嬉しい悩みです。
あと、エコ印刷もあります。
そして、私的に一番のメリットはクラウド上に住所録を保存できること。
パソコンを買い替えても住所録はそのままでいいので、嬉しいです♪

筆王

2位 筆まめ

筆まめもソースネクスト製品です。

19年連続販売本数第1位という圧倒的な実績。
筆まめは素材集が45万点というダントツに多さが支持されています。
年賀状だけではなく、いろんなシーンでも活用できます。
筆まめも1ライセンスで5つのパソコンにインストールできます!

筆まめ

3位 筆ぐるめ

筆ぐるめは富士通ソフトの商品ですね。
パッケージ版だけでなく、ダウンロード版も人気。
あまりデザインにこだわらなくシンプルに作りたい方にオススメ。
値段も手頃です!

筆ぐるめ

まとめ

まとめというと仰々しいのですが、
年賀状ソフトに関しては、どれを選ぶかは好みなんじゃないかと思います。

販売本数、PC導入実績、素材数など、
それぞれ強みがあります。

年賀状を作るということであれば、
どの年賀状ソフトでも問題なくできますので^^

号外 Macで年賀状を作る

最近はMacユーザーが増えていますよね。
私はWindowsとMacの両刀使いです。
子供はMacしか使ったことがありません。

Macにも年賀状ソフトはありますよ。

筆ぐるめ


そして、Macの定番といえば「宛名職人」。